テイラー・スウィフト白人至上主義?アフリカロケの「新曲ビデオ」に黒人出てこない

印刷

   アメリカの歌姫テイラー・スウィフトの新ミュージックビデオ「Wildest Dreams」がなにかと話題だ。アフリカのワイルドな大自然を舞台に、テイラー扮する女優と男性俳優が恋愛を繰り広げるというストーリー仕立てで、映画の「イングリッシュ・ペイシェント」「愛と哀しみの果て」(アフリカの日々)を思わせるような映像となっている。

ユーチューブ視聴者から批判

   動画サイトのYouTube(ユーチューブ)では約5700万回も再生(2015年9月月時点)されている。しかし、思わぬ批判も起こった。撮影地がアフリカなのに、ネイティブでマジョリティーであるはずの黒人がほとんど出てこない。ビデオの内容も、かつての「白人が支配するアフリカ」を思わせ、そうした世界を肯定的に描いたノスタルジー的な映像だというのだ。

   テイラーは、しばしば「白人」の保守的な音楽と見なされるカントリーミュージックにベースを持つアーティストで、彼女のミュージックビデオは総じて、人種的多様性の確保に熱心には見えない。そうした彼女の作風、立ち位置も今回の批判に影響している可能性はあるだろう。

   批判を受けて、ビデオの撮影監督は人種差別的な意図はまったくないと打ち消しに躍起になっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中