登山家・栗城史多、エベレスト5度目の挑戦もかなわず ツイッターで「悔しい」

印刷

   登山家の栗城史多(くりき・のぶかず、33)が9月27日(2015年)、エベレストへの「単独・無酸素登山」を断念し、「下山を決断しました」とツイッターで報告した。栗城は今回で5度目の挑戦。12年の挑戦では、9本の指を失っていた。

「全力を尽くしましたが、ラッセルで長い時間が掛かり、このまま進むと生きて戻ることができないと判断して、悔しいですが下山を決めて最終キャンプまで戻ってきました」

と説明。「皆さんからの応援に、本当に心から感謝です。今後のことはまたお知らせさせてください」とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中