脱獄囚が刑務所相手に12億円の損害賠償!「高い所から下りて恐かった」

印刷

   シカゴの刑務所から脱獄した男が、自分の入っていた刑務所に12億円の賠償を請求して話題になっている。この男、ジョセフ・バンクス(40)は銀行などを襲い4件の強盗罪で有罪となり、禁固36年の刑を言い渡されて服役していたが、シーツやデンタルフロスでロープをつくり、刑務所の17階から脱獄した。

   2日後に逮捕されたが、バンクスはなにを思ったのか、自分が脱獄した刑務所に12億円の損害賠償を求めて訴訟を起こした。その理由は「高所恐怖症で死ぬほど怖い思いをした」というものだった。

tv_20151001151032.jpg

   梅津弥英子アナ「(そんなこと)知りませんよ」

   刑務所の監視態勢が甘かったため脱獄したくなり、怖い思いをすることになったとの主張だそうだが、裁判所は訴えを退けたという。

   司会の小倉智昭「おもしろいよね」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中