USJ転売チケット使えない!業者らの買い占め対策・・・友人から買ってもダメ?

印刷

   「ハリー・ポッター」など斬新なアイデアで人気のテーマパーク「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(USJ)は16日(2015年10月)、ネットなどで転売されたチケットを11月から使えなくすると発表した。業者らによる買い占め・転売を防ぐためというが、実際に損をするのは業者ではなく買った人になる。騒ぎになる可能性もありそうだ。

「ハリポタ」オープンでエクスプレス・パス大量買占め

tv_20151019115309.jpg

   USJは転売は年間十数億円、数十万枚の規模(試算)になるといい、とくに目立つのが待ち時間が少なくてすむ「ユニバーサル・エクスプレス・パス(UEP)」(3000~1万円余)だ。ホームページで毎日限定発売されるが、ほとんどを業者が買い占めて高値で売っているという。

   こうした業者や個人は、USJが把握しているだけでも数十人に上り、4000枚も買い占めた例もある。また、UEPのペアチケット1万4400円を7倍の10万円で売っていたケースもあった。

   USJの昨年の入場者は1270万人と過去最高を更新した。7月にオープンした「ハリポタ」の人気が大きく、他にも「スパイダーマン」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」など、どれも待ち時間が長く、160分などはザラだ。チケット転売が急増したのは、「ハリポタ」からだという。

   USJは数十人の対策チームでチケットの販売状況の追跡(履歴)やネット・オークションの監視を行って、転売の実情を把握し、今回の決定になった。これについて広報担当者は「転売チケットを買った人には忍びないと悩みましたが、何とか不正を撲滅したいとこの手段をとった」と話す。

入場ゲートで「このチケットでは入れません」混乱必至!

   USJを訪れた人たちに聞いてみると、「高い金を払った人が得をするのはどうか。チャンスは公平に」「正規に買うのがいいと思う」(規制賛成)という一方で、「行きたいと思った時にチケットが手に入らなければ、それもありかも」(規制反対)という声もあった。買い占めがなくなればとは考えないらしい。

   チケット仲介業者はむろん反対だ。「急に行けなくなった人のチケットを救済できない。本来罰せられるべきは業者なのに、実際はパークに行く人になるから」という。

   USJは今後も監視を続け、転売を確認した番号のチケットは端末でチェックして使えないようにする。同時に、購入者が業者に返金を求める手助けもするという。このプロジェクトには数億円をかけると本気だが、専門家は盗品や偽造チケットの出現などを懸念する。

   司会の夏目三久「チケット買ったが、急に行けなくなった。買ってもらえますかという場合はどうなるのでしょうか」

   龍崎孝(TBS解説委員)「不正の撲滅のためには仕方がないということなのでしょうね」

   夏目「来月1日から、お友だちからの購入も含めてチケットが使えなくなりますからご注意ください」

   とはいっても、知らずに来てしまう人が続出する可能性は大いにある。1日はおまけに日曜日だ。見守る必要がありそうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中