女子高生に有名だった『奴隷おじさん』いじめてほしいと声掛け数万円―岐阜駅前

印刷

   19歳の女性に「いじめてほしい。奴隷にしてください」と声をかけたとして、岐阜市内に住む51歳の男がおととい19日(2015年10月)、岐阜県迷惑防止条例違反の疑いで書類送検された。警察の調べに対して、「他人に支配されたい願望を満たしてくれる女性を見つけたかった」と話しているという。

スマホ画面に「ぼくをどれいにしてください!」

   男は岐阜駅や駅周辺に1年ほど前から頻繁に出没するようになり、女子高生の間で「奴隷おじさん」と呼ばれる『有名人』だったという。西村綾子リポーターによると、「夕方4時から5時に岐阜駅周辺の女子高生に話を聞くと、ほとんどの子が見かけたことがあるということでした」

   なかには、実際に男に接触された生徒もいたという。下校中の女性高生に無言で近寄り、突然スマートフォンの画面を見せる。そこには「ぼくをどれいにしてください!」との文言が表示されていたという。また、スマホと同時に1万円札数枚を差し出した例もあったそうだ。

   犬山紙子(コラムニスト)「そんなに(願望を)満たしてほしかったら、お店行けばいい。何やっとんじゃと、すごい腹立ちますね」

   大沢あかね(タレント)「実際に危害は加えていませんが、女性たちが受けた精神的苦痛はかなり大きいと思いますよ。それ相当の処分をしてほしいです」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中