「自転車泥棒」懲らしめろ!盗んで走り去ろうとすると・・・ロープ引っ張られ転倒

印刷

   自転車泥棒にひと泡吹かせてやろうという動画が、YouTube(ユーチューブ)で話題になっている。「BAIT BIKE IN THE HOOD PRANK」で、おとりのバイク(自転車)を使った「ドッキリ」企画である。

   ところは公園の一角。周囲の光景や看板などから、おそらくアメリカ(北米)と思われる。そこに真新しそうな自転車が鍵もかけず、いかにも放置してあるかのように横倒しで置いてある。ところが、この自転車は細いロープで近くの木につないであるのだった。

   そうとは知らず、次から次へと現れる自転車泥棒。何食わぬ顔で自転車に乗り走り出すと、間もなくロープが引っ張られて転倒する。撮影者は笑いをもらし、泥棒に近寄ると、「盗もうとしたのか。ロープでつないであるんだよ」と勝利宣言をする。

最後はロープほどけてやっぱり盗まれた

   ただ、最後には意外なオチが待っていた。ロープがほどけて、泥棒に走り去られてしまったのだ。

   視聴者からは「もっと傾斜のある危険なところでやるべきだ」と泥棒への厳罰を求める人がいれば、「危険なイタズラであり、泥棒にケガをさせれば自分(撮影者)が捕まるだろう」と疑問視する人もいる。

   また、動画に出てくる泥棒のうち、白人は最後に成功した奴だけで、あとは黒人だったことから、「この動画の教訓は、『白人なら盗みおおせる』」など、人種差別もろ出しのコメントも目立った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中