北斗晶、近所の川でエイ発見「これってこんなトコ泳いでていいものなの」

印刷

   北斗晶(48)が愛犬と散歩に行って川でエイが泳いでいるのを見つけたらしい。

   乳がんの治療で家にいることが多くなった北斗は、「(出不精の愛犬と)うちらのコンビは家に居てはもっといけないかも」「何か燃える情熱を注げるような何かがないと人生ってのはつまらないもんよ~!悪いことばっかり考えたりするしね」

   気分転換のために愛犬「花」と散歩に出たという。幼い時から知っている川に行って昔の思い出に浸っていたところ、水面で「マンホールの蓋くらいな大きさのがヒラヒラ」していたとう。「これってあれだよね?目の錯覚?えーーーーっ、あの、水族館とかにいるやつじゃん!」「エイってやつでしょ、これ?こんなところを泳いでていいもんなの??」と驚きを伝え、写真を投稿した。

   「自宅で飼育出来なくなった人が放したのかな」「これって淡水でも大丈夫なんですか?」「種類によっては毒を持ってるので念のため役場に・・・」とコメントが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中