巨人「野球賭博」さらに2投手!バレるの恐れ携帯電話の投票メール消去

印刷

   まあ、なんと間の悪いことか。きょう22日(2015年10月)はプロ野球ドラフト会議だというのに、野球賭博のニュースがトップを走った。日本野球機構(NPB)はきのう、あらたに2人の巨人選手が関わっていたと発表した。その1人はドラフト1位選手だった。

   福田聰志投手(32)の賭博容疑を調査していたNPB調査委員会は、笠原将生投手(24)と松本竜也投手(22)の賭博行為も明らかにしたが、3投手の携帯電話のメールを解析し、消去されていた内容を復元するなどしてつきとめた。

ドラフト1位の松本竜、今季20登板の笠原―問われる球団の責任

   NPBによると、笠原は昨年4~10月にプロ野球の20~30試合で、松本も昨年6~10月にプロ野球で十数試合で賭博を行った。いずれも巨人戦は含まれていないという。福田は今年5~9月に高校野球や大リーグ、8~9月には巨人戦を含むプロ野球の約10試合で賭博をしたと認定した。

   3投手の賭博に関わったのは、笠原が紹介した自称税理士と飲食店経営者で、笠原、福田はマージャンやバカラ賭博なども行っていた。これらは野球協約180条の賭博行為、野球賭博常習者との交際禁止に違反し、1年または無期の失格処分となる。

   巨人の久保博社長は「野球史を汚すような選手を出し深くお詫びします」と陳謝し、福田、笠原、松本を謹慎処分としたことを明らかにした。球団の責任については「コミッショナーが下す処分を待って考えたい」という。

   松本は香川・英明高から2011年にドラフト1位で巨人に入団したが、ケガなどでこれまで1軍登板はない。笠原は08年、福岡工大城東高からドラフト5位で入り、通算80試合で投げ、7勝1敗1セーブ。今シーズンは20試合に登板した。

オリンピック追加種目選考に影響か

   スポーツジャーナリストの二宮清純氏は「1969年の黒い霧事件以後、球界はきびしく指導していたのだが、それが足りなかったんでしょうね」という。3投手の悪質性を、(1)全員がメールを削除していた(2)笠原は「やっていない」とウソをついていた(3)野球賭博常習者との交際――をあげ、「反社会的勢力(暴力団など)との関わりも疑った方がいい」

   街の声には「清廉潔白を求めること自体無理じゃないか。あれで済むはずはないと思う」という厳しいものもあった。解説者の江本孟紀氏は「信念があればこんなことは起こらない。練習して自分の腕で金は稼げ。賭博で稼ごうなんて魂胆が野球選手の資格なし」と手厳しい。

   今後どう広がるかはわからないが、二宮氏は東京五輪の追加種目の選考や野球くじの導入にも影響すると見る。「先日来日したIOC委員は『個人的な事件』といっていたが、広がりがあると変わってくる可能性があります」とみる。

   それでなくても野球選手の現実はきびしい。練習しても結果が出せなければ黙って去るしかない。いい若いもんが博打なんぞしてるヒマはないはずだ。エモさんの言う通り。彼らには「資格がない」。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中