老舗フルーツパーラー「千疋屋」女性客が体調不良!水の500倍の塩素・・・故意か?

印刷

   今月15日(2015年10月)、創業130年のフルーツパーラー「京橋千疋屋」で、水を飲んだ女性客5人が体調不良を訴え、水から通常の500倍の塩素が検出された。女性客は「舌がピリピリ」して気持ちが悪いと訴えた。

   常連客によると、水は最初に店員が持ってくるほかは、テーブル上に置いてあるピッチャーから自由にコップに注いで飲む。このコップかピッチャーに塩素が混ざっていた可能性がある。

店では漂白剤使っていない

   武蔵野大学薬学部の隈本卓哉教授によると、市販の漂白剤を100倍に薄めた濃度で、ノロウイルスの消毒によく使われる。スタジオに同じ塩素濃度の水が用意された。司会の羽鳥慎一と宇賀なつみキャスターが鼻を近づけても、「ぜんぜんわからないですね」という。

信頼あるお店

   熊本教授は「洗浄したピッチャーに漂白剤が残っていた可能性は、濃度的にはあり得ない」という。「店で漂白剤は使っていない」(東京新聞)という報道もある。

   羽鳥「千疋屋というと、しっかりした印象があるので、あの千疋屋でという感じがします。故意でなければ、どこから混ざったのでしょうか」

   警視庁と保健所が経緯を調べている。営業停止となった店はあさってから営業を再開する。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中