2019年 5月 22日 (水)

大阪『女児焼死』釈放の母親「死んだ娘のママよかったねという声が聞こえてきます」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   大阪・住吉区で1995年に起きた住宅火災で11歳の少女が焼死した事件で、生命保険金目的の放火殺人容疑で無期懲役が確定し、服役していた母親の青木恵子さん(51)と内縁の夫の朴龍晧さん(49)がきのう26日(2015年10月)、再審決定と刑の執行停止で釈放された。足利事件、東電社員殺害事件に次ぐ無罪となるか。いずれも強要された自供だった。

「いくら謝ってもらっても取り返すことはできません。警察・裁判所の責任」

   和歌山刑務所を出た青木さんは「20年目にして当たり前の世界に戻ってくることができました。(死んだ娘の)『ママよかったね』という声が聞こえます」と語った。さらに、「息子との20年の離れた期間は、いくら謝ってもらっても取り返すことはできません。娘の悲しみを普通に味わうことができなかったことは、警察・裁判所の責任」といった。

期日はあすです

   会見では、「息子と両親、亡くなった娘に、ママは無実だよと証明するまでは負けられない、死んでも死にきれないと争ってきましたし、1日も早く 『娘殺しの母親』という汚名を晴らしたい。これだけです。私は何もやってないし、無実です」と話した。

   8歳のときに別れた息子はいま29歳になった。きょう27日未明に息子と再会して抱き合った。「息子の手をつかめてうれしい。これから少しづつ失った20年を取り戻したい」

   その息子は母の手の感触を聞かれ、「冷たい」とつぶやいた。

   大分刑務所から釈放された朴さんは、「感無量です。20年ぶりなので、遠い外国の地に立っているようで現実感がありません」

   そして夜、大阪で母親と対面した。笑顔で「苦労かけてごめんね」と声をかけ抱き合った。「おふくろの愛情がこれほど深かったんだと、すごく実感しました」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中