東京・日野「首つり男児遺体」自殺?外傷なく手足の縛り方ゆるい

印刷

   きのう26日(2015年10月)、東京・日野市の山林で10歳の男児が遺体が見つかった。全裸で両手足が縛られ、木にかかったビニールテープ状のもので首を吊っていた。衣服は遺体のそばに置いてあった。

   男児はきのう11時ごろ、母親に「遊びに行く」と言って家を出たが戻らないため、母親が午後6時30分ごろ警察に通報し、捜索中の警察官が8時すぎに遺体を発見した。児童は普段からこの山林で遊んでいたという。

事件性についても捜査

   警察によると、遺体には目立った外傷や抵抗の痕がなく、両手足の縛り方もゆるく、自分でも結べるようなものだという。こうしたことから、自殺の可能性が高いと見て調べているが、事件性についても捜査している。

そうかなあ・・・

   司会の加藤浩次「この状況から見て、小学校4年生がそんなこと(自殺)できるのかと思ってしまいますけどね」

   ロバート・キャンベル(東京大教授)「年齢や状況から考えると、これはほかの人がなんらかの害をもたらしたんじゃないかと思えるんですが・・・」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中