2018年 7月 19日 (木)

体操男子団体37年ぶりの金メダル!内村「鉄棒」落下・・・一瞬またダメか

印刷

   イギリス・グラスゴーで開かれている体操世界選手権の男子団体決勝で28日夜(日本時間2015年10月29日未明)、日本が優勝した。実に37年ぶりだ。昨年はわずか0.1点差に泣いた因縁種目だった。

最後の種目残し2位アメリカとの差1.832点

   床から始まった決勝で日本は幸先よくトップにつけた。2位はアメリカ、中国は不調で5位。あん馬、吊り輪を終えても順位は変わらず。4つ目の跳馬、5つ目の平行棒を終えて、2位アメリカとの差は1.832点。中国は3位に上がってきていた。

緊張しました

   最後の鉄棒が勝負となった。ところが、2人目の田中佑典選手(25)が落下し、3人目のエース内村航平までが落下した。演技を再開した内村は以後は完璧にまとめたが、注目は得点だ。13.993以上なら優勝である。固唾を飲んで結果を待つ内村は複雑な表情だ。昨年の銀も内村の鉄棒の落下があったからだ。

   得点が出た。14.466! 祈るように指を合わせていた白井健三選手(19)が飛び上がった。内村が仲間を振り返って抱き合う。観客席の女子選手もいっせいにたちあがった。

常勝・中国は3位に沈没

   石井大裕アナ「37年ぶり、悲願の団体金メダルです」

   スタジオも拍手、拍手。鈴木明子(元スケート選手)は「鉄棒の落下で昨年の悔しさがあって、内村選手も点が出るまで気が気じゃなかったでしょうね」という。スケートも採点が出るまでは胃が痛くなる時間だ。

   司会の夏目三久「団体と個人ではまったく違いますね」

   鈴木「団体だとみんなの思いもあるので、違うでしょうね」

   常勝の中国は3位で、2位は序盤のアメリカに代わってイギリスになっていた。石井が「地元で観客の声援もあったのでしょう」

   内村は世界選手権、五輪を合わせて個人では8つの金メダルを取っている。

   石井「内村を超える者は出ないだろうといわれているのですが、団体は銀ばかり。あの落下を見守る選手たち、観客席にはお母さまもいました。ドラマでした」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中