2018年 12月 16日 (日)

「ルパン三世」オープニング映像は3D!?片目で見るとくっきり立体感

印刷

   ルパン三世のテレビ新シリーズのオープニング映像が3D映像のように飛び出して見えると話題になっている。秘密は画面に檻のような縦の線が入っているためで、線の前後をキャラクターなどが行き来すると立体感が強調されるのだという。

   個人差はあるものの、片目で見るとより3Dに見えるという。片目で見ると、脳が立体感を補おうとするからだ。

たしかに見える

   片目で見た司会の加藤浩次「ピストルの弾、バーンと(来ました)」「3Dに見えました、見えました」

   森圭介アナ「片目3Dという技法らしいですね」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中