73歳男性「歩道暴走」通行人次々なぎ倒し6人死傷!意識なかった?

印刷

   きのう28日(2015年10月)午後2時50分ごろ、JR宮崎駅前の大通りで軽乗用車が歩道に乗り上げて700メートルを暴走し、通行人をつぎつぎにはねた。66歳と50歳の女性2人が死亡、68歳の男性と17歳の女子高生が重傷、2人が軽傷を負った。運転していたのは鹿児島市の73歳の男性で、重傷を負い病院に運ばれた。

「人の上に車が乗り上げてひいていった」

   目撃した人は「人の上に車が乗り上げてひいていった」「自転車がなぎ倒されて、車が横転するのを見た」「人が顔から血を流していた」と唇を震わせる。道路には自転車や鞄、サンダルなどが散乱し、ドクターヘリも出動した。

tv_20151029120403.jpg

   防犯カメラの映像などから、軽乗用車は交差点付近から歩道に進入し、まっすぐに駅へ向かっっていた。車止めのポールはあったが止められなかった。すぐそばを軽乗用車が通り抜けて行ったという女性は、「私の前を歩いていた2人のうち右側の人をはねて走っていきましたね、すごいスピードで。ポールをよけて、次の歩道でまたスピードが上がって、人をはねました」という。「時速60キロぐらいかな。よう駅までまっすぐ行ったものだ」と話す男性もいる。

700メートルを時速60キロ

   軽乗用車は最後はコンクリートのベンチにあたり横転して止まった。「運転手が額から血を流していた。意識がない感じだった」(目撃者)

   司会の羽鳥慎一「まだ原因はわかりませんけど・・・」

   宇賀なつみキャスター「一気に6人に突っ込んだわけではなく、700メートルの間に次々とはねていったということです。時速60キロなら40秒かかります」

   運転手に意識があったかなかったかなどはまだわからない。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中