2019年 4月 21日 (日)

旭化成建材「データ偽装」北海道でも!会社ぐるみ?横浜と違う現場責任者

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   北海道庁はきのう28日(2015年10月)夜11時過ぎに緊急会見を開き、旭化成建材が杭のデータを偽装した工事が道内でも見つかったと発表した。この工事に横浜でデータを偽装した現場責任者はかかわっておらず、偽装が他の現場にも広がっている恐れが出てきた。

呆れた説明に住民唖然「データは偽装だが工事は適正。安全性問題ない」

   偽装があったのは釧路市で10年から11年8月にかけて行われた道営住宅改修工事で、杭31本中の1本について隣接工事のデータを流用していた。旭化成建材は偽装を認めたが、「工事は適正に行われ、安全性に問題はない」としている。

tv_20151029124905.jpg

   この道営住宅で傾きやヒビなどは確認されていないが、住民は「まさか自分のところとはびっくりです」「1本あれば、まだ出るのではないか。包み隠さず出してほしい」「地震もあるところですから、まずそれですね」と不安がる。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中