2019年 10月 18日 (金)

中国「1人っ子政策」廃止!労働人口減少で経済減速・・・国民「2人も育てられない」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   中国が36年間続けたてきた「1人っ子政策」を終わらせることになった。「5中全会」(中央委員会第5次全体会議)で「廃止」が決まり、子どもを2人まで認めることになった。深刻な社会の高齢化があるとみられるが、国民の現実は1人っ子を育てるだけでもやっとという窮状だ。

北京市民「もう1人は欲しくない」「病気や学校など高すぎる」

   1人っ子政策は急激な人口増を抑えるため、改革開放政策さなかの1979年に導入された。その結果、男性を中心と考える中国社会では女児の中絶が広く行われ、男女の比率が偏るなどさまざまな歪みをひきおこした。また、世界でも例のない早さで少子高齢化が進み、2012年には15~59歳の労働人口が初めて減少に転じ、経済成長にも悪影響が及ぶと意識されるにいたった。

なぜですか?

   政府は13年から「両親のどちらかが1人っ子」の場合に限り、「第2子」を認めるとしたが、14年には出生人口がわずか47万人増という危機的な事態になっていた。

   中国問題にくわしい富坂聰・拓殖大教授は「一番大きいのは社会保障です。生産年齢人口が減っていくので、労働者を増やして高齢者を減らさないといけない。ところが、1人っ子政策のクスリが効きすぎて、出生率が上がらないんです。そこで手を打ったということですね」という。

   この決定をどう思うかを北京の市民に聞くと、「もう1人は欲しくない」「病気や学校など高すぎる」という答えだった。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中