「パリ同時多発テロ」日本は狙われないか?来年5月に伊勢志摩サミット

印刷

   パリの同時多発テロはフランスがIS(イスラム国)空爆に参加したことへの報復とみられる。89人ともっとも多くの死者が出たコンサート会場では、武装した3人がいきなり乱射を始め、滑らかなフランス語で「お前らの行為でこうなった」とフランス政府の政策を非難したという。

   この襲撃と前後して、北部郊外のサッカー場では入り口で3人が自爆した。フランスとドイツの親善試合が行われており、オランド大統領や閣僚もいた。試合を取材していたパリ在住のスポーツジャーナリスト、結城麻里さんによると、試合が終わると「フィールドを通って出口へ」というアナウンスがあり、初めて「何かあったな」と気づいたという。選手、観客、記者たちのだれもテロに気付かず、パニックにもならなかったという。

有志連合参加国として安倍首相「フランス支持」表明

   6か所の襲撃は30分くらいの間に集中しており、3つのグループによる計画的な犯行とわかった。ISの声明では、実行犯は8人で、うち7人は死んだが、1人は逃走したという。逃げている1人は26歳のベルギーに住むフランス人で、写真つきで公開手配された。兄弟の1人はこの襲撃に加わって死亡した。ベルギー当局は襲撃に関わったとみられる7人の身柄を拘束した。

心配です

   ISがなぜフランスを狙ったか。軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏は、アメリカ主導のシリア空爆に有志国としてフランスが参加していることをあげた。先にシナイ半島上空で墜落したロシアの旅客機も、ISは「空爆参加への報復」としており、テロはさらにアメリカなど他の空爆参加国にも広がる可能性をいう。

   フランスは移民国家で国籍にあまりこだわらない。国境の移動も自由で、武器の入手も容易とテロリストが狙いやすい。フランス国籍でシリアなどでの戦闘に参加して戻っている若者が900人ともいわれる。当局は高いレベルの情報をもっており、表に出ない未遂事件の摘発も多いといわれる。

   有志連合には62か国が参加しておりとあるが、日本もこれに加わっている。安倍首相は15日(2015年11月)にトルコで始まったG20の首脳会議に出席して、「フランス支持」を表明した。黒井氏は「日本を標的にする順位は高くないのではないか」という。

ISが戦術変更「シリア出て先進国の大都市でテロ」

   月曜キャスターの澤部佑「サミットとかオリンピックとか、大丈夫なのかな」

   牧嶋博子(TBS解説委員)「警備の最重点はテロ。伊勢志摩を選んだのも、警備がしやすいのが一番の理由です。今後はさらにテロを意識せざるをえないですね」

   司会の夏目三久「発生から2日経ちましたが、今後はどんな動きがあるのでしょうか」

   黒井氏「彼らに続けという動きは出てくると思います」

   夏目「1月の週刊誌本社襲撃テロの後、警備が厳重ななかで起こったわけですよね」

   放送大学教授の高橋和夫氏は「ISが戦術を変えてきたようですね。派手なテロはアルカイダに任せているようなとことがあったのですが、自分たちで存在感を示したいと転換したのかもしれません。ただ、アメリカもロシアで実行するのはむずかしい。身構えていない国が狙われることになります」

   夏目「身構えるといっても、どうしたらいいのでしょうか」

   高橋「たとえば、パリとロンドンとの違いは、監視カメラの数だともいわれます。フランスは個人のプライバシーに配慮して数が少ない。すると狙いやすい」

   日本はカメラの国ではあるけれど、ひとたび狙われたらパリ以上に脆いぞ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中