阿藤快「職業は旅人。合間に役者」ロケ先でも地元にスッと入っていく人懐っこさ

印刷

   映画や舞台での個性的な役柄と明るい食レポで人気だった俳優の阿藤快が亡くなった。寝ている間に発作が襲ったらしい。放送中のTBS系ドラマ「下町ロケット」で弁護士役を務め、先日公開された映画「シネマの天使」では閉館する映画館の映写技師を演じ、8日(2015年11月)の舞台挨拶では元気な姿をみせていた。舞台「MOTHER特攻の母 鳥濱トメ物語~」に2週間前まで出演していた。

しんどそうだった2週間前の舞台

   「下町ロケット」の主役の阿部寛は「突然の訃報にみなさんショックを隠しきれません。大先輩なのに、お茶目で謙虚で誰にも親しまれた方でした。まだまだご一緒させていただきたかった」とコメントした。

親しみやすさ

   舞台で共演した大林素子は「病院に行かれていて、クスリが効いたから元気なんだとおっしゃって、千秋楽(1日)に立たれた。病気なんですかって聞いても、歳だから、大丈夫だよって。クスリをもらうくらいだから、しんどかったのかな」と話す。

   おととい15日(2015年11月)、阿藤が仕事に現れず、連絡もとれなかったため所属事務所の社長が警察に連絡し、事務所スタッフや親族らが都内の自宅マンションを訪れると、ベッドに寝た状態で亡くなっていた。死因は大動脈破裂による胸腔内出血だった。苦しんだ様子はなかったという。前日の14日は69歳の誕生日だった。

   神奈川県生まれで、大学卒業後に俳優座に入り、1970年に舞台デビューした。多くの舞台、映画、テレビドラマに出演あした。シリアスでもコミカルでもなんでもこなし、個性的な容貌からときに不気味なオーラを発する怪優でもあった。

「下町ロケット」で弁護士役!若いころには目指してた

   近年は「職業は旅人。合間に役者の阿藤快です」と、テレビの旅番組で各地を回り、豪快な食レポが人気だった。食レポでは「うまい」というひとことの発し方にこだわった。東日本大震災では「三陸案内人」を自称して、支援に活躍もした。

   食レポの後輩の彦摩呂は「快さん、帰ってきてくださいよ。来年70歳の誕生日だよ。またお祝いして飲みましょうよ」

   石塚英彦は「誰よりも、ロケ先のおじちゃん、おばちゃんとの距離を縮めるのが早い人でした。グルメリポートでいろいろ教えてくださいました。尊敬を通り越して大ファンでした」

   20日が通夜、21日が告別式だが、近親者のみで営まれるという。

   司会の夏目三久「幅の広い個性的な役者さんでしたね」

   野村修也(弁護士)「下町ロケットで弁護士を演じてたでしょう。勉強しないで資格にあぐらをかいているという役柄だったんですが、今の弁護士を叱咤激励しているような感じがしました。うかがってみると、若い頃には弁護士を目指したことがあったらしいです」

   火曜レギュラーの沢松奈生子(元プロテニスプレーヤー)「食レポでも、初めての人にスッと入っていくキャラクターに元気をいただきました」

   夏目「ご近所にいるような雰囲気でしたね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中