鈴木砂羽、ブチ切れ報道真っ向否定「マジ、ない!これ誰得なんでしょうか(笑)」

印刷

   女優・鈴木砂羽(43)が、「ドラマ撮影現場で激怒しスタッフを動揺させた」などとする「週刊女性」(12月1日号)の報道について、11月17日(2015年)のインスタグラムで「マジ、ない!」と否定した。

   放送中のフジテレビ系ドラマ「オトナ女子」の撮影現場で、「声を荒らげて不満をあらわにする鈴木の姿が頻繁に目撃されていた」として、衣装着用を拒否したり待機中にイスを蹴り上げてブチ切れたりしたなどと報じられた。

「やー!うるさい!(中略)週刊誌さまが何やらまたワタクシのことを書いて下さいました。こりゃー、一言で言うと『マジ、ない!』ですね」

と真っ向から否定。自分の顔の横に表紙の一部を載せた写真をアップした。

「えーと、これは誰得なんでしょうかね(笑)とりあえずよくわからんけど、あざーす!」

   鈴木は8月に離婚を発表しており、それから各誌に何度か取り上げられている。この記事では離婚が夫と子をもつ共演者たちへの嫉妬心を生み、苛立ちを募らせる原因となっているなどと書かれている。

「夏以来、なんやかやとワタクシ事があって、皆さまいろいろ書いて下さってますが、ワタシは元気です。今年は『別に、、、』じゃなくて『特に、、』って感じです。こうして年内黙って駆け抜けまーす」
「そのうちね、時間ある時ブログなどで、心境など書けたら書いてみますねぇ~」

とした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中