どこか憎めぬ側溝男「私は道になりたい」学習障害児がやっと見つけた心落ち着く場所

印刷

   私は子供の頃、鬼ごっこで隠れるのがうまかった。こんなところに入れないだろうと鬼が探さない狭いところに潜りこみ、日暮れて仲間の子どもたちが家に帰ってもそこを離れなかったから、決まって探しに来た父親に叱られたものだった。家の中でも部屋の隅にコタツやちゃぶ台で囲って小さな自分の城を築き、日がなそこで本を読んだりしていた。

   だから、側溝に身を潜めて女性のスカートの中を覗いていたとして、兵庫県迷惑防止条例違反で逮捕された28歳の男の気持ちは理解できなくはない。逮捕された彼は「私は道になりたい」と名言を吐いたそうだ。

   昔、「私は貝になりたい」というフランキー堺主演のテレビドラマを思い出した。この男、ガキの頃から手癖が悪くてではなく、側溝が大好きだったらしい。小学生の頃からよく側溝に入っていたと『週刊文春』で同級生が証言している。落ち着きがなく「学習障害」と診断されていたようだが、なぜか側溝の中ではジッとできたという。

   母親が週刊文春の取材に対して、これまでも何度か警察から注意されたことがあったと話している。休みの日のお昼頃出ていって、側溝で過ごすことがよくあったという。母親が息子に「なぜ止められないのか?」と聞いても、「わからへん」と答えるだけだったという。心療内科にも通っているそうだ。<「本人も悩んでいるし,家族も悩んでいます。なるべく明るくしようとしていますが・・・難しいですね」(母親)>

   現場は「関西一顔面偏差値が高い」(週刊文春)と評される甲南女子大学の最寄り駅の近くで、その側溝は郵便局の入り口前にあり、昼時には行列ができるという。今回、30代の女性が側溝から髪の毛が出ているのを見つけて御用となった。

   スカートの中を盗撮することと同じ犯罪行為なのだろうが、なぜか憎めない。自分が寝ている上をスカートを穿いた女性たちが何人も跨いでいくという「夢」を見た男は多いのではないか。私もそのひとりである。ただ、汚い側溝に入る気はしないが。

「顏剥ぎ殺人」痴話げんか絶えなかった養子縁組カップル!同居ニューハーフ「私は無実」

   次も週刊文春の事件報道だが、複雑で内容を正確に紹介できるか心許ない。惨劇が起きたのは11月12日(2015年)の夕方のようだ。場所は米軍横田基地にほど近い福生市のマンションで、殺されたのは土田芳さん(38)。遺体は布団に包まれていたが、顔の皮膚が剥ぎ取られていたという。

   通報したのは同居人のA氏(28)だった。2人の関係がなかなか複雑で、土田さんはもともと女性で、手術を受けて男性に転換していた。A氏は女性ホルモンを投与しているニューハーフで、女性器を形成したわけではないので戸籍上は男性で、二人は養子縁組をして、A氏は戸籍上、土田氏の「息子」になっていた。土田氏の女性として結婚していた頃の写真と、最近の髭を生やした精悍な顔が掲載されているが、とても同一人物とは思えない。

   二人の出会いは<「性的マイノリティが集うSNSのコミュニティだった」>(週刊文春)らしい。土田さんは155センチ、A氏は175センチだというから、「男が2人歩いているように見えた」(週刊文春)

   私などは2人の「生活」がどんなものだったのか想像することもできないが、土田さんはA氏の影響で水商売をするようになったという。A氏の整形費用なども土田氏が出していたそうだ。だが、喧嘩が絶えなかったという。原因はA氏の浮気で、土田さんが暴行罪で現行犯逮捕されたこともあった。

   最近は土田氏はAとの養子縁組を解消しようとしていたが、Aが応じてくれないと嘆いていたという。一方のA氏のほうも「暴力を振るわれているのよ。殺してやりたい」と「夫」への憎悪をぶちまけていたそうだ。

   そして事件が起こる。殺すだけではなく、顔まで剥いでいるところを見ると、物取りではなく、犯人は相当に土田氏に憎悪を抱いていた者であろう。犯人はすぐ分かりそうだと思うが、そうではないようである。

   A氏は週刊文春の取材にショートメールで、「お話し出来る事が有ればしたいですがなにもしてないのと知らないのです。(中略)私が無実な事です」と送ってきた。推理小説なら、犯人逮捕まで二転、三転することもあるが、この事件の結末は果たしてどうなるのであろう。

「長女焼死事件」再審決定の二人!釈放後も決して会わないある事情

   週刊新潮は、長女が入浴中に放火して殺した保険金詐欺だとして青木恵子氏(51)と朴龍晧氏が逮捕され(2人は内縁関係)、無期懲役が確定したが、再審請求をして認められ晴れて20年ぶりに釈放された2人のその後を報じている。高検が最高裁への特別抗告を断念したことで、再審公判で2人に無罪が言い渡される見通しとなった。さぞ2人は喜んでいるだろうと思うと、週刊新潮によると、2人は釈放後に1度も会っていないというのだ。

   そこには、ここでは詳しくは書かないが、朴氏と長女との問題があり、週刊新潮の取材に対しても、青木氏は「お会いしません」とキッパリいい切っている。冤罪が晴れたと、新聞、テレビははしゃぐが、こうした重い真実を書くことはない。こうしたことを報じることに賛否は当然あるだろうが、私は敢えて報じた週刊新潮の週刊誌魂を買いたい。

朝ドラ「あさが来た」最近にない高視聴率!びっくりぽんな展開ありか?あさと五代友厚が不倫

   NHK朝の連続テレビ小説が好調である。9月28日から始まった「あさが来た」は93作目にして初めて幕末からドラマが始まったが、4週連続で20%を超す高視聴率を得ているという。

   幕末に京都で両替屋を営む豪商の家に生まれたあさ(波瑠)と姉のはつ(宮崎あおい)が、それぞれ大阪の両替商に嫁ぎ、波瀾万丈の人生を辿るというストーリーである。あさにはモデルがいる。「明治の女傑」といわれた広岡浅子(1849年=嘉永2年~1919年=大正8年)で、彼女は女性実業家として激動の時代を切り拓き、日本初の女子大学「日本女子大」を創設する。

   ドラマの魅力は、天真爛漫で男顔負けの度胸を持つあさを演じる波瑠と、その姉で、あさとは対照的な人生に翻弄されるはつ役の宮崎あおいに負うところが大きいが、脇役陣もNHKならではの豪華さである。

   このドラマのもう一つの主役は商都・大阪である。船場商法ともいわれ一時期は東京を凌ぐ経済の中心であった。松下電器産業や住友金属工業、川崎製鉄をはじめ、伊藤忠商事、丸紅、住友商事、日商岩井、トーメン、日綿実業、兼松江商はいずれも大阪の企業であり、ダイエーやサントリー、朝日新聞も大阪から生まれている。

   ドラマの中ではるの師として描かれ、ただ一人実名で登場する五代友厚(ディーン・フジオカ)は「大阪経済の父」「日本の財界をつくった男」といわれた。『週刊現代』によると、五代は鉱工業などを手掛けるとともに、大阪株式取引所や大阪商法会議所の創設を推進して、明治初期の大阪商人の間でリーダー的存在になっていったという。

   こう見てくると、名古屋に迫られ地盤沈下が激しい大阪経済にカツ入れ、かつての栄光を取り戻せと励ますドラマだと見ることもできるようだ。東京にあさが出ていくとき、一緒に上京した相手は五代だそうだから、あさの口癖である「びっくりぽん」な展開で、朝ドラには珍しい「不倫」が描かれるかもしれない。

   そうなれば、朝ドラ史上最高視聴率は間違いないと思うのだが、ご清潔なNHKでは無理だろうな。

キャロライン駐日大使の長男「楽天」就職!変な傷がつかなければいいが・・・

   『週刊ポスト』はキャロライン・ケネディ駐日米大使の長男、ジョン・ジュロスバーグ氏(22)が大の日本びいきで、このほど楽天に入社したと報じている。長身で好男子、将来は大統領候補だといわれているようだ。少し前には佳子内親王と「見合いした」と報じられたこともあったとか。楽天で何をするのか分からないが、政商といわれる三木谷社長にとって、これほど使えるタマはないはずだ。変な傷がつかなければいいが。

   ところで、凋落一途のフジテレビと違って、視聴率で一人勝ちの日本テレビだが、週刊新潮はセクハラがひどいと報じている。11月5日に傷害容疑で逮捕されたのは日テレ編成局宣伝部主任の戸田聖一郞氏(44)。千葉県市川市内のマンションで婚約者の女性を「床に投げ倒し、馬乗りになって頭を床に数回打ちつけた」(社会部記者)容疑だ。

   彼女が戸田氏と付き合うきっかけになったのが、編成局宣伝部で契約スタッフとして働き始めた昨年11月、12月に、同じ部署の男性からセクハラを受けたたことの相談したことからだったという。

   「〇〇と一度でいいからお風呂入りたい」などのセクハラメールを送りつけた宣伝部のプロデューサー(40)は、戸田氏が上司に報告したためセクハラを止めたが、今年8月に人事部長と副部長に彼女が呼び出されて、加害者が送った画像を消して合意書にサインするよう求められたというのである。

   彼女は心労に耐えられず、8月31日に加害者から100万円の「口止め料」を受け取り、LINEのやりとりを消去し、セクハラを口外しないことを約束させられたという。現在、件のプロデューサーは出勤停止処分になっているようだが、合意書を娘の鞄の中から見つけた父親が、週刊新潮に話したのであろう。

   社員の不祥事を上司が出ていって口封じするなど、絶対ジャ-ナリズムがやってはいけないこと、いうまでもない。だが、広報部はすでに解決済みと、週刊新潮の取材にまともに答えない。そこで週刊新潮がバッサリ「居丈高な『日テレ』バカ広報」。こうしたセクハラ行為は女子アナなどにもあるのだろうが、なかなか表に出て来ないだけなのだろう。

週刊現代袋とじ「春画」実写版わいせつ感たっぷり!一見の価値あり

   【蛇足】週刊現代と週刊ポストのグラビア比べ。週刊現代は前後半を使ってぶちぬき16ページ撮り下ろし「小池栄子」。彼女も30代半ばになる。たしかに魅力的な娘(こ)ではあるが、セクシー度はイマイチ。

   後半は「海外セレブ『チラリ&ポロリ』大集合」。どうということはない。「『日本一の乳首』をもつ女」も私にはピンとこない。だが、袋とじの2本はいいぞ!まずは「アテネ五輪和泉里沙『新体操代表メンバー』奇跡のフルヌード」。なかなかの美形。下着姿で空中に飛び上がっている見開き写真は迫力がある。

   もう1本は「週現『春画展』」。有名な春画の名場面を実写で再現しているのだが、これがわいせつ感たっぷりなのである。撮影は大変だっただろうが、これは秀逸な企画である。両袋とじは一見の価値あり。

   週刊ポストは54歳でもアイドルの面影を崩さないことで再び脚光を浴びている「大場久美子 54歳SEXYビキニ」が前半。アップではやや肌の衰えが目立つが、ビキニのプロポーションなどは相当な努力をして維持しているのであろう、見事なものだ。

   袋とじは「米誌『PLAYBOY』がやめても本誌は載せます ザ・金髪ヌード」と「五月みどり34歳の初ヌード」。以前もここで書いたが、五月みどりというのはかつての日本女性がもっていた「色気」を体現してくれていた、類い希な女性である。こんな女がいたら溺れてしまうだろうな。

   他には「橋本マナ 濡れ、熟れ。」と「『素人ヌードモデル』の新時代」。週刊ポスト専属のマナの写真はいい。

   だが、私には49歳の「美魔女」山田佳子「この人とゆめの湯めぐり」がよかった。こんな女と水上温泉の長寿館へでもいって、ゆっくり差しつ差されつしたいものだ・・・。ため息。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中