『病欠』続きの島崎遥香「私はもうAKBじゃないのではと不安で悩んでる。早くみんなの元へ帰りたい」

印刷

   AKB48の島崎遥香(21)は体調不良による仕事の欠席が続いている。8月に持病のぜんそくが悪化して休養し、11月には左足の火傷や急性胃腸炎に悩まされ、21日(2015年)に行われた主演映画「劇場霊」の初日舞台あいさつを一部欠席した。

   気持ちも不安だと、24日にトークアプリ「755」で語った。「完治したらみなさんに報告します。もう少し待っててくださいね 胃腸炎は治ってきています 咳はたまに出る程度です!足は毎日病院へ通っていてゆっくり長い目で完治していくのを願うのみです!」

   しかし、24日放送の音楽番組「ベストアーティスト2015」(日本テレビ系)に出演しなかったことを心配する声が寄せられると、「本当は出たかったのですが足の先生にとめられていて」と説明し、「私はもうAKBじゃないんじゃないかと不安で毎日悩んでいます。早くみんなの元へ帰りたいです。待ってて欲しいです」と打ち明けた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中