物干し女性下着クンクン嗅いだ瞬間「逮捕!」住人は防犯カメラ設置のプロだった

印刷

   福岡県筑後市職員が女性の下着を盗もうとした疑いで逮捕された。司会の小倉智昭が「情けないとしか言いようがありません」と防犯カメラが捉えた逮捕劇の一部始終を伝えた。

   民家の裏庭に侵入した男が、人がいないのを確認しながら干してあった洗濯物を物色、女性の下着を見つけ、においを嗅ぐような仕草をした。その瞬間、男たちが一斉に飛び出した。張り込みをしていた警察官たちで、あわてた男はなにも盗らずに逃げたが、200メートル先で取り押さえられた。

近くに住む筑後市農政課係長48歳

   男は被害者宅の近くに住む筑後市農政課係長の松鵜憲和容疑者(48)で、調べに対し「下着を取ろうとしたことは間違いない」と容疑を認めているという。

情けない

   被害にあった家では今月中旬(2015年11月)以降、干してあった女性の下着が盗まれる事件が3件相次ぎ、防犯カメラを設置していた。実は、女性の夫は防犯カメラ設置会社に勤めるプロだった。家の周りをウロウロし下着のにおいを嗅いでいる男が捉えられていたことから、警察に通報していた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中