NHK「あさが来た」鈴木梨央が再出演!母親と水と油のあさ長女・千代役

印刷

   NHK連続テレビ小説「あさが来た」のヒロイン白岡あさの少女時代を演じた鈴木梨央が、来年(2016年)1月23日の放送から、あさの長女・千代役で」再出演すると発表された。千代は何事にも積極的に挑むあさと違って、温かい家庭を築くことが幸せと考えていて、母親とは水と油という難しい役どころだ。佐野元彦エグゼクティブ・プロデューサーは「並大抵の子役にはない演技力を持っている」と起用を決めたと話す。1月30日まで出演し、その後は小芝風花が引き継ぐ。

   ほかにも後半では三宅裕司が渋沢栄一訳、吉岡里帆や西畑大吾、森下大地らが出演する。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中