スーパーで買ったウズラの卵が孵った!小学5年生ためしに温めたら・・・

印刷

   スーパーで購入したウズラの卵からヒナが孵化して話題になっている。売られている卵は無精卵のはずだからだ。愛知県江南市の小学5年生、倉見未鈴さん(11)は、お母さんから「やってみたら」と勧められ、「楽しそうだし、やってみたかった」ので、家にあった発泡スチロールの箱や毛布、電気あんかなど必要なものを揃え、今年5月から挑戦したところ6月に見事ヒナが誕生したという。

鑑別師見落としでメスの中にオスが混じって「有精卵」

   豊橋市でウズラ卵を生産している内田貴士さんによると、「孵化させるのは限りなくゼロに近いと言っていいですね。すごく奇跡的だと思う」という。市販されているウズラの卵は基本的には無精卵で、温めても孵化はしない。ウズラのヒナは鑑別師によってオスとメスに分けられ、メスは生産工場へ回される。仕分けは専門家でも難しく、1~2%の確率でメスの中にオスが混じってしまい、成長して群れの中で交尾し、ごくまれに孵化する可能性がある有精卵が混じり市場に出回ることがあるらしい。

tv_20151207143926.jpg

   未鈴さんのウズラの卵はこのごく希な有精卵だったわけだが、未鈴さんは根気よく「卵の殻に中の子(ヒナ)がくっつかないように毎日、時間ごとに卵を動かしていた」という。

ヒナの名前は「ミカン」

   6月に誕生したヒナは未鈴さんの大好きな果物の「ミカン」と名付けられ、元気いっぱいに育ち、間もなく生後6か月になる。学校から帰ると、真っ先に「ミカンただいま」と声を掛けている。

   司会の加藤は「凄いですね。前もって勉強もしたんでしょうね」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中