2018年 9月 21日 (金)

「クソバイス」の意味は?「スッキリ!!」コメンテーター犬山紙子の造語だって・・・

印刷

   「クソバイス」という言葉をご存じか。「クソみたいなアドバイスのこと」だという。汚くて品のない言葉だが、生みの親は「スッキリ!!」のコメンテーター(水曜日)の犬山紙子(コラムニスト)だという。

   犬山「一見アドバイスに見せかけて、実のところ、上から目線で自分の持論を押し付ける行為なんですよね。全員が(クソバイスを)受けていると思いますよ」

クソみたいなアドバイスの撃退法

   犬山は「クソバイス」への対処法について、「クソバイスなのに真剣にそれを受け止めて悩んじゃうのはもったいない。受け流すのが一番いい」とクソバイス、いやアドバイスしている。

言われているうちが・・・

   読売新聞特別編集委員の橋本五郎「一つは愛情表現でもありますよね。愛情がなければ言わないし、そこには真実もあるんですよ。そのぐらいの気持ちで受け止めたらいい。上から目線で何が悪いの」

   司会の加藤浩次「言われているうちが華みたいなところがある」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中