黒柳徹子「紅白司会」車イスで出演?「舞台の上がり降りが大変なの」

印刷

   女性週刊誌「女性セブン」(12月24日号)に「黒柳徹子 極秘通院―紅白は大丈夫!?衝撃の車椅子生活」と報じられ、NHK紅白歌合戦の総合司会は務まるのかと関係者は気をもんでいる。

   黒柳は11月(2015年)初めに風邪をこじらせ、発熱や嘔吐があったため病院に行ったという。11月5日に名古屋で行われたイベントには生出演ができなくなり、テレビ電話でトークショーを行った。今月に入ってからも、紅白のリハーサルでも車イスでNHK入りしている。

   きのう9日(2015年12月)に行なわれた「第44回ゆうもあ大賞」の表彰式に出席し、「車イスは使っておりません。この通り元気です」としっかり歩いてみせた。ただ、「こけたりしたら大変なので、もう少したてば重要な仕事の時は車いすを使うかも。舞台に立てば大丈夫なんですけど、舞台に行くまでと帰るときが大変なんです」と話した。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中