2018年 8月 17日 (金)

あなた「冬季うつ病」かも?何するのも億劫、すぐ眠くなる、甘いもの欲しい・・・

印刷

   家事をするのは面倒、外出もおっくう、疲れを感じすぐ眠くなる、食べるのは甘いものばかり・・・。冬に起こるこうした症状は実は危険なうつ病の一種だった。「冬季うつ病」といい女性に多い。ながうしクリニックの長牛慶順院長(精神科医)によると、欧州では一般的に知られている病気で、冬の間だけ起きるという。

太陽浴びる時間短くなり「セロトニン」分泌低下

   太陽光に当たると気分がよくなり活動的になるセロトニンの分泌が脳内で増えるが、冬季は太陽光を浴びる時間が短くなるのでセロトニンの分泌が減り、脳はエネルギーを補うために糖分を求めるのだという。

   長牛院長は2つの危険があると次のように指摘する。甘いものをたくさん食べて寝る悪循環から肥満になる。さらに、春になっても改善しないと慢性化し、うつ病特有の自殺に追い込まれる危険もある。

   厚生労働省の統計では、冬季うつ病の患者はここ20年間に3倍以上に増え、70万人に超えている。予防法は朝起きたらカーテンを開け、部屋に日光を入れることだ。

バッチリ朝日差し込む「冬季うつ病防止目覚まし時計」

   森圭介アナが冬季うつ病防止にバッチリ効きそうな2種類の目覚まし時計をスタジオに用意した。一つはセットした時間にカーテンが自動的に開く目ざまし時計クワトロタイマーリモコン(9504円)で、カーテンレールは別売りで2万円。もう一つはセットした時間と同時に朝日と同じ8万ルクスの光を放す「インティ」2万6800円である。これでもダメなら病院に行くしかない。

文   モンブラン
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中