「細菌のお花畑」腸内フローラを育てよう!善玉2、悪玉1、日和見7の黄金比率

印刷

   「21世紀は腸の時代」と医学会で注目されている腸内フローラを上重聡キャスターが「週刊からだニュース」コーナーで取り上げた。腸内フローラとは何なのか。腸内研究の第一人者で理化学研究所イノベーション推進センターの辨野義己博士によると、フローラはラテン語の花畑の意味で、顕微鏡で見ると腸の内部で色とりどりの細菌が花畑のように群生している様子を示したものという。これまでその細菌の実態がよく分からなかったが、遺伝子による解析が進み、ようやく腸内環境の全容が見えてきて、今年は「腸の時代の幕開け」だという。

高血圧症、動脈硬化、自閉症、認知症・・・万病に関与

   腸内の細菌は1000種類、500兆個、重さにすると1.5~2キロもある。大きく分けると、ビヒィズス菌や乳酸菌など消化・吸収を促し免疫力を高める善玉菌、大腸菌やブドウ球菌など有害物質を生み出し病気の元になる悪玉菌、善玉や悪玉にもなる日和見菌に分けられる。

   この3種類の菌が、善玉2、悪玉1、日和見7の黄金比率でバランス良く保たれている状態が健康で、辨野博士は「太りやすい人、太りにくい人は腸内フローラに原因があるし、高血圧症や動脈硬化、自閉症、認知症に至るまで腸内フローラが関与していることが分かってきました」と話す。

毎日、味噌汁にヨーグルト

   順天堂医院では腸内菌を使った便移植療法の実験をしている。健康な人の便の中にある腸内細菌を潰瘍性腸炎に罹った50人の患者に移植したら、7割の患者の症状が軽減したという。

   高橋真麻(フリーアナ)「やせるためなら便移植療法でもいとわないわ」

   「スッキリ!!」がバランスの良い腸内環境にするレシビを紹介した。毎日飲む味噌汁にヨーグルトを少々入れたり、排便を促すオレイン酸が入っているオリーブオイルを少々ご飯にかけて食べると良いそうだ。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中