2018年 8月 17日 (金)

エナジードリンク致死量は?危ないコーヒーや眠気覚まし錠剤との併飲

印刷

   九州に住む20代の男性がカフェインを含むエナジードリンクなどを摂取しすぎて中毒死した。深夜勤務のドライバーや受験勉強の学生などに愛飲者は多い。遺体解剖した福岡大法医学教室の久保真一教授は「エナジードリンクなどをいろいろな形で併用したり複数回使用することで中毒に陥ることを知ってほしい」と警告している。

カフェイン中毒死の男性、深夜勤務後に急死

   死亡した男性はガソリンスタンドの深夜勤務で、家族の話によると、1年ほど前から勤務中の眠気を覚ますために市販のエナジードリンクを飲んでいて、過去3~4回ほど吐いたことがあったという。

あ

   男性は亡くなる1週間前から体調不良で、勤務を終え帰宅後に嘔吐して意識不明となり、病院に救急搬送され死亡が確認された。久保教授は「カフェインがたくさん検出されたので驚きました。分析したら致死濃度に達していたのでカフェイン中毒死という診断をしました。胃の内容物に(カフェインの)錠剤と思われるつぶれた粉のようなものもありました」と話す。

1度に3グラム!コーヒーなら33杯分だが・・・

   致死量について久保教授は「さまざま文献はありますが、カフェインとして3グラムを1度に摂取すると致死量になります」と説明する。カップ1杯のコーヒーに含まれるカフェインは約90ミリグラムなので、3グラムは33杯分に相当する。コーヒー33杯を1度に飲む人はいないだろうが、エナジードリンクやカフェイン錠剤を併用すると致死量に達する可能性はある。

   コメンテーターの湯山玲子(著述家)「現代人はいつも覚醒していて、ナイスパフォーマンスしないといけないという心理に追い込まれますよね。コーヒー5、6杯飲むと気持ち悪くなるが、エナジードリンクを交互に飲むと分かりませんよ。気を付けないと・・・」

   東大教授のロバート・キャンベル「とくに中・高校生はいま受験シーズンでセンター試験に続いて2月には選抜試験があるので、結構こういうドリンクを飲んでいる話は聞きます。飲むのは自由だが、ほどほどにしてほしい。よく眠って翌日に勉強を続ければ一番頭に入るんですよ」

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【限定30名】スマホでわかるGDPR入門セミナー~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中