2020年 1月 19日 (日)

前田健太「ドジャース」入団会見の暗い顔・・・身体検査でイレギュラーあった

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   米大リーグ・ドジャースと正式契約を結んだ広島の前田健太が日本時間のけさ8日(2016年1月)、入団会見を行った。さぞやニコニコ会見になるだろうと見られていたが、「ハイ、マイネーム・イズ・マエダケンタ」と自己紹介した後、こんなことを言いだした。

「今回の自分の契約内容に関してさまざまな憶測を呼んでいますが、一部報道にあった通り、身体検査においてイレギュラーな点がありました」

契約内容も田中将大やダルビッシュより大幅低額

   前田に何があったのか。契約内容は8年で総額約30億円(1年あたり3億7500万円)で、田中将大(ヤンキース)の7年161億円(1年あたり23億円)、ダルビッシュ有(レンジャース)の6年68億円(1年あたり11億4000万円)と比べるとかなり低額なのだ。

どこが悪いの?

   この違いについて、メジャーリーグ評論家の福島良一さんはこう解説する。「ダルビッシュ投手にしても田中投手にしても、実力的には評価できるが、必ずと言っていいぐらいシーズン中に肘を痛めたりとか故障によって戦線離脱しているんです。球団としては、リスクの潜む投資を避けたいというのが本音で、それが(前田投手の)基本給を極力抑えて出来高払いを手厚くしたという異例のかたちになったと思います」

   前田の契約には成績に応じて年間最高14億3000万円という項目も入っている。

   福島さんは8年という契約年数の長さにも注目した。「メジャーリーグでは、とくに投手の場合、長期契約を結ぶケースはほとんどないんです。8年契約というのは高く評価している表れだと思います」

   会見で前田もこの点には触れていて、「ドジャーズには長期にわたって保証してもらい、最大限の評価をしてくれたと思います。自分自身もドジャースの一員として長きにわたって頑張っていく決意をしました」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中