2019年 11月 23日 (土)

ドナルド・トランプ皮肉ったラップ再生人気!カネ儲けて憎まれっ子になって女はべらせろ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   アメリカ大統領選の共和党候補ドナルド・トランプは差別的な発言や好戦的的政策で顰蹙を買っているが、YouTube(ユーチューブ)ではそんな彼を皮肉った曲「ドナルド・トランプ」が注目を集めている。再生数は1億回を超える。

   「第二のエミネム」との異名を取るラッパー、マック・ミラーのが4年前に公開したこの曲は、当時の自分の不遇を歌ったものだ。女の子と楽しい日々を過ごせず、家のカウチでアニメを見ている冴えない高校生が、いつかドナルド・トランプのように金をがっぽり儲けて世界を牛耳り、憎まれっ子として世にはばかり、女どもはオレに群がってくる。そんなことを夢見るという、いかにも露悪的な拝金主義の内容となっている。

彼が当選したらこれが新国歌になるらしい

   動画のコメント欄では、「なぜトランプはこの曲をキャンペーンソングにしなかったんだろう」「もしトランプが当選した暁には、この曲を国家にするらしいよ」といったジョークや、トランプはレイシスト(人種差別主義者)だといった批判、大統領当選を求める熱心な支持者のものらしき投稿などが交錯している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中