2018年 9月 23日 (日)

テレビでは見せられないエッチな漢字問題集!駿台予備校のセンター試験向け

印刷

   「ビンカンなところは強くシゲキしちゃだめよ」

   「私は自らシバられることを望んでいたのです」

   エッチな妄想をかきたてるような設問が、名門予備校「駿台予備学校」のセンター試験向け問題集にいくつも載って物議をかもしている。

   カタカナ部分を漢字に直せという問題で、ほかにも「教授と私のミッセツな関係」「脱いだもののにおいを嗅ぐシュウカン」「一定スイジュン以上の女の子しかここには入れない」というのもある。

街の声「気持ち悪い」「不快な気分」

   街の声は「表現の自由は重要ですけど、ちょっと不快な気が起きます」(22歳の女性)、「ヤダア、気持ち悪いとしか感じない」(21歳の女子大生)、「こんなの使うの。これじゃないでしょと言いたくなります」(中学生の息子を持つ50歳代の女性)

あ

   キャスターの菊川怜「これだけあるとねえ」

   司会の小倉智昭「大人が気を回しすぎかな。普通なら問題ないけど、センター試験向けだから」

   梅津弥英子キャスター「これよりも、『えっ』ていうような例文もあるんです。朝のテレビではちょっと出せません」

   予備校側は自主回収するという。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中