2018年 9月 19日 (水)

たむらけんじ「ベッキーは人として駄目」擁護から一転

印刷

   ベッキー・川谷不倫騒動の週刊文春(2016年1月28日号)記事第3弾を見たたむらけんじは「人として駄目」と非難した。不倫が報じられた当初の11日、たむらは「許してあげて」とツイッターでメッセージを出し、ベッキーを擁護した。しかし、「許してあげては間違いです、反省します」と訂正したが、「人間誰でも過ちを犯す時はあると僕は思ってるので、その後をどう頑張るかでその人の価値は決まってくると思うんです。なのでがんばれ!」と応援していた。

   しかし、第3弾の記事では、ベッキーは不倫が報じられたことで逆に交際が「オフィシャルになるだけ」「ありがとう文春!」などと話していたという。

   たむらは「今回の流出が本物であれば人として駄目ですよね。誰も助けてくれないんじゃないですか?」と突き放した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中