たむらけんじ「ベッキーは人として駄目」擁護から一転

印刷

   ベッキー・川谷不倫騒動の週刊文春(2016年1月28日号)記事第3弾を見たたむらけんじは「人として駄目」と非難した。不倫が報じられた当初の11日、たむらは「許してあげて」とツイッターでメッセージを出し、ベッキーを擁護した。しかし、「許してあげては間違いです、反省します」と訂正したが、「人間誰でも過ちを犯す時はあると僕は思ってるので、その後をどう頑張るかでその人の価値は決まってくると思うんです。なのでがんばれ!」と応援していた。

   しかし、第3弾の記事では、ベッキーは不倫が報じられたことで逆に交際が「オフィシャルになるだけ」「ありがとう文春!」などと話していたという。

   たむらは「今回の流出が本物であれば人として駄目ですよね。誰も助けてくれないんじゃないですか?」と突き放した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中