2018年 9月 26日 (水)

早くも今年の流行語大賞?「琴バウアー」優勝・琴奨菊の立ち会い前ルーティン

印刷

   大相撲初場所で大関の琴奨菊が日本出身の力士としては約10年ぶりに優勝した。「これでますます大相撲人気に拍車がかかると思いますね。ほかの日本人大関も奮起するでしょう」(司会の夏目三久)

   琴奨菊の代名詞となっているのが「琴バウアー」だ。両腕を大きく広き、体を大きくそらす立ち会い前のルーティンのことで、優勝後のインタビューで本人が命名した。

五郎丸ポーズに続い・・・

   藤森祥平アナ「ルーティンといえば、ラグビーの五郎丸ポーズがありました。年末の流行語大賞に、この言葉(琴バウアー)が上がってくるんじゃないでしょうか」

盛り上がってます

   龍崎孝(TBS解説委員)「横綱になったら絶対になるでしょうね。まずは次の場所、気合い入れてください」

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中