北海道「サラブレッド銀座」競馬馬2頭射殺!そばにライフル銃の薬莢

印刷

   北海道新冠町の牧場でおととい28日(2016年2月)、サラブレッド2頭が射殺されているのを従業員が見つけた。いずれも1歳のオスで、1頭はわき腹を撃たれ、もう1頭は左目に傷があった。そばにライフル銃のものらしい薬莢4発が落ちていた。

夜間も放牧

   新冠町は競走馬を飼育する牧場が多く、サラブレッド銀座として知られる。ハイセイコー、ナリタブライアン、タケシバオーなどの名馬がここから育った。2頭がいた牧場は17頭を飼育し、10頭を夜間も放牧していた。

イタズラではない

   千葉の牧場主・山田雅章さんによると、1歳の馬は人間なら幼稚園児ぐらいで、いちばん手がかかるころだという。夜間放牧をするのは体力をつけるためという。1頭500万円から数億円の馬もいるそうだ。

   2頭が殺された夜に4、5発の銃声が聞こえた。付近にはエゾシカ駆除のためにハンターも入っているが、鹿と馬は見分けられるので見誤って撃つことはないという。狩猟免許をとっても10年間はライフル銃は所有することができない。もちろん、夜間は発砲は禁止だ。

何らかの怨恨?線条痕で銃割り出し

   犯罪ジャーナリストの小川泰平さんは「線条痕からライフルを割り出せる可能性はあります。何かの怨恨から狙ったことも考えられる」と話す。警察は故意に発砲した可能性もあると見て調べている。

   司会の羽鳥慎一「少年がいたずら半分でやったとは考えにくい。しっかりした捜査が必要かもしれません」

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中