大沢樹生「今までにないブラックな撮影現場でした。一人心ない者がいて...」

印刷

   大沢樹生が映画の撮影スタッフに「一人心無い者」がいると不満を漏らした。3月2日(2016年)更新のブログで「先週半ば程まで映画の撮影をしておりました」と報告し、「今までに無い、なかなか無いかなりブラック(ずさん過ぎ)な撮影現場でした」と切り出した。「改善させようと孤立奮闘!!八日間闘いましたが残念ながら改善の余地なしでした。泣」といい、猛批判している。

「映画とは総合芸術であり、監督はじめスタッフと私達俳優が一致団結していい作品作りを目指すものですが、一人心無い者がおりますと...。しかも現場責任者のプロデューサーの立場の方が。これでは、いい作品作りは成立しなくなります。クランクアップ後は、やり終えた達成感など微塵もなく、疲労困憊度が未だ残っている」

   ストレスに苛まれている大沢だが、「そんななかっ!!娘と初めて2人だけでの初!デニーズ デイト まさに癒しの天使です」と伝えており、アップした写真では笑顔を見せている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中