2018年 10月 19日 (金)

釈由美子「ベビーの胎動 死んだこっころが飛び跳ねてるのにそっくり」

印刷

   妊娠中の釈由美子が3月6日(2016年)、わが子の胎動に元気づけられるとブログに書いた。胎動のリズムが2月末に亡くなった愛犬「こころ」の飛び跳ねるリズムと同じなのだという。

「いつもは、例えていうなら縁日の金魚の袋の水の中から金魚が『ツンツン』するような繊細な感覚だったのが、ここ何日か、こっころがいつも私のスネあたりでぴょんぴょん飛び跳ねるリズムと同じ感覚で力強くお腹を蹴っているのです」

   こっころ(=こころ)は先日死んだ愛犬だ。「いつまでも落ち込んでた私にベビちゃんが『元気を出して!』って励ましてくれてるのかな。。最近は、話しかけるとそれに応えてくれるかのようにぼこぼこ蹴ってくれるので コミュニケーションを取れてるような気がしてとても癒されます」「もっと強くなって、この子を守らなきゃ!と、意気込んでいた私が 逆に我が子に、励まされ、勇気づけられてチカラをもらえているなんて。。」と書いている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中