「なでしこ」大幅な新旧交代!佐々木監督、宮間、大野、坂口らも代表引退へ

印刷

   サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」はきのう7日(2016年3月)に行われたアジア最終予選の対ベトナム戦は6-1で勝ったものの、中国が韓国を破って日本の3位以下が確定し、リオ五輪の出場はならなかった。

   スポーツ報知は大きく「宮間 代表引退」とあり、続いて「大野、阪口、近賀、福元」の名前も並んだ。「さらに佐々木監督も代表監督を引退するとしています。なでしこジャパンの黄金期を支えたメンバーが、この大会を最後に代表を引退するとしているんですね」(木下康太郎アナ)

ベテランを使い続けたマイナス・・・若手起用進まず

   大黒柱だった澤穂希が昨年暮れに選手を引退しており、キャプテンを継いだ宮間あやは「澤さんがいなくなってダメになったといわれたくない」と話していたが、今大会でチームはうまく回らなかった。

・・・・・・

   佐々木則夫監督は若手を大胆に起用して、2011年のW杯ドイツ大会で劇的な優勝に導き、12年のロンドン五輪では2位、15年のW杯カナダ大会で3位と世界のトップクラスとなった。佐々木監督は勝ち続けるためにこのときのメンバーを使い続けたのだ。最終予選のオールトラリア戦でも、先発メンバーのうち7人が11年のW杯と同じだった。これが世代交代を遅らせたと新聞は書く。

   しかし、予選敗退で現状を変えやすくなったという見方もある。若手は育っている。町のサッカークラブではミニ澤が駆け回っているし、U17、U20世代もいる。これも「なでしこ」効果だ。これが20年の東京五輪までに育つかどうか。

   司会の小倉智昭は女子サッカーについてはコメントなし。リオ五輪出場がなくなって、話題性がないと判断したのかな。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中