阪神も西武もやってた「円陣声出し」現金やり取り!ノックのミスには罰金

印刷

   プロ野球選手の勝敗をネタにした現金やり取りが、阪神と西武でも行われていた。阪神の四藤慶一郎球団社長によると、5年前から試合前に円陣を組んで「声出し」した選手に、3連勝したら野手たちが1人5000円、4連勝するとさらに5000円を加算しご祝儀として渡していた。さらに、試合前のノックでミスをした選手には1回500円の罰金を払い、積み立てて食事会の費用などにあてていた。

   西武は2、3年前から、連勝するとやはり「声出し」した選手に野手が1人1000円ずつ渡していた。試合前の守備練習でノックをエラーすると、ピッチャーに罰金を払っていた。

見逃してきた日本野球機構(NPB)

   1軍選手による公式戦での金銭のやり取りが常態化している疑いが出てきたわけだが、日本野球機構(NPB)の熊崎勝彦コミッショナ―は「現在、全球団において鋭意調査中」という。

   しかし、開幕まであと9日に迫っている。阪神OBの江本孟紀(野球解説者)は「勝敗の結果に賭けるわけだから、これはご祝儀ではない。球界なんでもまねをする風潮があるんで、早く名乗りを上げて、すべて禁止にするなどケジメをつけないとダメ」と話す。

「プロ野球選手としては少額なので...」で通用するか

   水曜レギュラーの博多華丸(お笑い芸人)「僕は賛成しないですけど、験担ぎみたいなものだと思いますよ。活字にするとすごい悪いことみたいに見えちゃう」

   TBS解説委員の龍崎孝は釘を刺した。「NPBは昨年秋から知っていながら、プロ野球選手としては(金銭の授受が)少額なので問題視しませんでした。これでは、プロ野球は特殊な世界なんだと問題を小さくしようとしているようにみられてしまいます。スポーツ全体を引っ張っている存在なので自覚してほしい」

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中