2018年 9月 24日 (月)

TBS元アナ小林悠「適応障害でした」週刊文春で告白・・・心身ともに臨界点を超えていた

印刷

   3月28日(2016年)からリニューアルするTBS系報道番組「NEWS23」の新キャスターに決まっていながら、体調不良ということで突然降板が発表され、TBSも退社した小林悠・元アナが、「週刊文春」(3月24日号)で「適応障害でした」と明かしている。

   「一年くらい前から、抑うつ気分、不安感や焦燥感が募り、食欲不振で眠れない日々が続くようになっていました」と語っている。今年に入って「NEWS23」への出演が打診されたときは「とっくに心身ともに臨界点を超えていた」が、周囲に言い出せなかったという。2月に心療内科を受診すると「適応障害」と診断され、医者のアドバイスは「この仕事を続けるのは難しいんじゃないですか」というものだった。TBS上層部に病名を公表してもらっても構わないと伝えたが、「健康上の理由」という発表だったので、内臓の深刻な病気ではないかと誤解され気になっていたようだ。今後については何も語っていない。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中