2021年 3月 1日 (月)

たばこポイ捨て注意されて小学生の首絞め!75歳にもなって何やってんだ!

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   兵庫県警はきのう21日(2016年3月)、たばこのポイ捨てを注意され、小学1年生の首をしめたとして加古川市の無職、前田敏昭容疑者(75)を暴行の疑いで逮捕した。

   前の日の午後2時すぎ、公園で遊んでいた男の子数人が池に落したスコップを取ろうとしたが、柵があて水辺には近づけない。そこに前田が通りがかって、「お前ら何しとん」と怒鳴るように近づいてきた。前田は吸っていたたばこを投げ捨てたため、子どもたちが「たばこ捨てたらあかんで」といったところ、逆ギレして小学生の首を絞め、「池に落としたろか」などと脅し、さらに子どもたちを追い回したり、自転車の空気を抜いたりしたという。

   首を絞められた男の子は「やめてといいたかったけど、息吸われんかったから声出されんかった。3秒くらいだけど、首に親指の跡がついた」と話している。

近所の住人「人が良すぎるくらい」。子供にはお節介なじいさん

   前田は公園の端に自宅があり一人暮らし。容疑を認めているというが、近所の人は「人が良すぎるくらい。にわかには信じられない」と話す。しかし、田中良幸リポーターが聞き回ってみると、話は少し違うようだ。前田は普段から子どもが池に近づかないように見張っていて、毎日、現場に行っていた。子どもに注意している姿を見かけた人もいる。

分別がない

   子どもたちには、「石を置いただろう」「汚した」など文句を言うトラブル男と映っていた。お節介の度が過ぎるタイプだ。ただ、たばこのポイ捨ては多かったらしい。池の柵には「ポイ捨て禁止」の札があるが、道路や排水溝にはよく捨てていた。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中