2018年 9月 22日 (土)

レモンで火をおこす!?たしかに炎は上がったが「実用性に欠ける」と評判イマイチ

印刷

   動画サイトのYouTube(ユーチューブ)で、これまでほとんど聞いたことがないようなユニークなサバイバル術が注目を集めている。「How To Make Fire With A LEMON.」(レモンで火をおこす方法)というもので、NorthSurvivalというユーチューブチャンネルが投稿した。説明文では「これはすばらしいサバイバル術なので、お見逃しなく」と自信満々だ。

化学反応で電気発生

   レモンで火をおこすといっても、レモン1個のほかにも必要な物がかなりある。亜鉛のクギ6本と銅のクギ6本、それに針金やコードなどだ。

   火をおこす仕組みはこうだ。レモンにクギを打ち込み針金で結んでいくと、化学反応で電気が発生する。両端のプラス極とマイナス極のコードを、燃えやすいトイレットペーパーやスチールウールなどの上でショートさせると、燃え始める。

   視聴者からは発火法はおもしろいが、実用性に欠けるのではないかといった指摘が相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中