レモンで火をおこす!?たしかに炎は上がったが「実用性に欠ける」と評判イマイチ

印刷

   動画サイトのYouTube(ユーチューブ)で、これまでほとんど聞いたことがないようなユニークなサバイバル術が注目を集めている。「How To Make Fire With A LEMON.」(レモンで火をおこす方法)というもので、NorthSurvivalというユーチューブチャンネルが投稿した。説明文では「これはすばらしいサバイバル術なので、お見逃しなく」と自信満々だ。

化学反応で電気発生

   レモンで火をおこすといっても、レモン1個のほかにも必要な物がかなりある。亜鉛のクギ6本と銅のクギ6本、それに針金やコードなどだ。

   火をおこす仕組みはこうだ。レモンにクギを打ち込み針金で結んでいくと、化学反応で電気が発生する。両端のプラス極とマイナス極のコードを、燃えやすいトイレットペーパーやスチールウールなどの上でショートさせると、燃え始める。

   視聴者からは発火法はおもしろいが、実用性に欠けるのではないかといった指摘が相次いでいる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中