2018年 9月 24日 (月)

日本人2人は地下鉄でテロ巻き込まれ!「鼓膜破れた」「生死の境にある」(治療医師)

印刷

   ベルギーのブリュッセルで起きた連続テロの死者は31人と訂正され、負傷者は270人とさらに増えた。けがをした日本人2人はいずれも地下鉄だった。日系旅行会社の日野実さん(53)は「マルベーク駅に着いた途端にドーンときました。天井から物がバラバラと落ちてきて、顔とか手に傷を負って、とにかく逃げるのに必死でした」と話す。爆発で両耳の鼓膜が破れたという。

   もうひとりは日本の生命保険協会から出向中の30代の男性で、現在も意識不明状態が続いている。医師は「集中治療室に入っていて、生死の境にある」と説明した。

自爆犯2人は兄弟

   空港のテロで死亡した実行犯のひとりはイブラヒム・バクラーウイ(29)で、もうひとりは身元が特定できていない。さらに、3人目の男は空港に爆発物を残したまま逃走した。

日本人からも

   地下鉄の爆発は、残された指紋などからバクラーウイの弟のハーリドの犯行と分った。兄弟の国籍はベルギー。自宅のゴミ箱にあったパソコンから、イブラヒムとみられる書き込みを見つかった。そこには「常に監視されていて、どうしていいかわからない。彼のように収監されたくない。焦っている」とあった。「彼」とは、先にパリ事件で逮捕されたサラ・アブデスラム(26)を指すとみられる。

トルコ国境で日本人拘束!「イスラム国に誘われた」

   ベルギーのテロでIS(イスラム国)が犯行声明を出しているが、そのISに参加しようとした24歳の日本人の男がトルコ南部国境付近で拘束された。持っていた携帯電話から、男はSNSで「イスラム国」の戦闘員と知り合い、参加を勧誘されたことがわかったという。男は日本に強制送還される。

   司会の小倉智昭「こういう若者が日本でも出てくるのですね」

   木暮太一(経済ジャーナリスト)「オウムも信仰から発して、殺人も善としてしまうようになりましたよね。普通では考えられないことだが、そういう人たちが出てもおかしくはないです」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中