「ベルギーテロ」第一標的は原発だった!核責任者の自宅から隠し撮りカメラ

印刷

   ベルギー・ブリュッセルの連続爆破テロの実行犯が原子力発電所をターゲットにしていたことが明らかになった。ベルギー北部のアントワープにあるドエル原子力発電所で職員に退去命令が出たことについて、地元紙は自爆したバクラウィ兄弟が核プログラム責任者の自宅近くに隠しカメラを設置し、10時間記録していたと報じた。

リーダー逮捕で空港・地下鉄に変更

   ベルギー検察当局も映像の存在を認めており、パリ同時多発テロに関連した押収物のなかからこの映像が発見されたという。また、パリのテロで中心的役割を果たしたとされ逮捕されたサラ・アブデスラム容疑者が、「原発を狙ったテロ計画を進めていた」とも報じている。

   アブデスラムは地下鉄爆破で自爆したカリト・バクラウィ容疑者が偽名で借りたアパートに潜伏中のところを逮捕された。このため、捜査当局の包囲網が狭まっていることに気付いたテロ実行グループが、原発テロを諦め空港と地下鉄に急きょ変更したとの見方が強まっている。

   前田浩智(前毎日新聞政治部長)「ベルギーのテロで明らかになったように、どんなに警戒を強化しても、命を惜しまないテロを完全に防ぐのは難しい」

   いずれ原発が攻撃されるということか。いまだ事故が終息していない福島第1原発をやられたらひとたまりもない。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中