脳内出血で入院のいっこく堂「もう大丈夫です!腹話術も思い通りにできます」

印刷

   脳内出血で入院していた腹話術師のいっこく堂(52)は4月4日(2016年)ブログを更新して、「とても元気です!腹話術も思い通りに出来ます」と手書きしたメモの画像を投稿し、体調の回復を報告した。

   いっこく堂は3月20日、「迷走反射神経」とみられる症状により、自宅で意識を失い転倒。倒れた際に頭を強打し、軽度の「外傷性くも膜下出血」「両側前頭葉脳挫傷」と診断され、22日から25日まで入院していた。

   3月28日放送の情報番組「ノンストップ!」(フジテレビ系)に録画出演した際には、物をかむ力が弱まっているといい「かむ力が弱いと、腹話術にも関係するでしょう」と後遺症の影響を心配していた。

   だが、今回のブログでは「以前、食事をする時に噛む力が弱くなったと言いましたが、今や100%の力で噛み砕いています」として、「もう大丈夫です!!御心配おかけしました」と完治をアピールした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中