宇賀なつみアナ「自覚が足りなかった。恩返しできるように頑張りたい」花見でケガ反省

印刷

   テレビ朝日の宇賀なつみアナウンサー(29)は4月7日(2016年)、ブログで自身のけがについて報告した。4日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」にギプス姿で出演し、花見の際に転倒して右ひじにひびが入ったと話していた。「生放送に携わらせていただいている人間として、体調を崩さぬよう、怪我をしないよう、注意してきたつもりでいましたが、自覚が足りなかったと、反省しています。気の緩みがあったんだと思います」。周りに迷惑をかけたが電話やメールなどのメッセージが寄せられたことに感謝し、「1日でも早く治して、皆さんに恩返しができるように、また頑張りたいと思います」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中