2018年 9月 20日 (木)

NHK大河ファンタジー「精霊の守り人」低調のまま完結!平均視聴率ひとケタ台

印刷

   NHKには珍しいファンタジードラマで、主演の綾瀬はるかのアクションと汚れメークで話題になった「精霊の守り人」(土曜よる9時)が9日(2016年4月)放送で完結し、平均視聴率は7・4%だった。第1話11・7%、第2話10・3%、第3話7・1%で、4話平均で9%強と予算をかけた割にはひとケタ台にとどまった。

   ドラマは上橋菜穂子の長編ファンタジーが原作で、全編4Kで撮影された。放送期間は3年、全22話だ。シーズン2は来年1月から、ディーン・フジオカ、真木よう子、壇蜜らの出演でスタートする。(テレビウォッチ編集部

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中