通報あったのにまた助けられなかった!衣装ケースに子供閉じ込め窒息死

印刷

   奈良県生駒市で2歳の長男を衣装ケースに閉じ込め死亡させたとして、きのう11日(2016年4月)、父親の会社員・井上祐介容疑者(39)が殺人容疑で逮捕された。横80センチ、縦40センチ、深さ30センチのプラスチックケースに長男の幸也ちゃんと長女(3)を入れ、外からロックして放置していた。20~30分後に長男の意識がなくなっているのに気付き110番したが、7時間後に死亡した。

「虐待の疑いがある」奈良県に連絡!サポートセンター対処せず

   井上は「おととい10日(2016年4月)午後5時50分ごろ、子供がテレビをバンバン叩くのでしつけのためにケースに入れた。これまでも何度かやったことがある。殺すつもりはなかった」と供述している。

助ける手立て

   まず幸也ちゃんを、次に長女を入れた。2人とも身長90センチぐらいあり、折り重ねるように押し込まれていた。密閉されケースの中で幼い子供が死亡するとは思わなかったか。母親は食事の支度をしていたが、「いつものことで気にしていなかった」という。

   去年(2015年)12月、「虐待の疑いがある」と奈良県に通報があり、生駒市から相談員が井上宅を訪問していた。生駒市こどもサポートセンターの辻本多佳子所長は「最終的にこんな結果になってしまったことは本当に残念です」と話し、「検証しなければいけない」と述べているが、「これをして大丈夫という、そういう答えがあるのなら本当に知りたい」とも訴える。

児童相談所の相談件数過去最多。1人100件以上に対応

   司会の夏目三久「去年の12月に、子供の泣き声がするという通報があったのに、こうなる前になんとか助ける手立てはなかったのでしょうか」

   牧嶋博子(TBS解説室長)「すごく残念ですが、対応する児童相談所がいまパンク状態です。昨年度(2015年度)の相談件数は8万8931件で過去最多。職員1人当たりが抱えている件数は100件を超えているんです。早急に人員を増加する必要があると思いますね」

   人手が足りなくて仕方なかったで片付けられては、死んだ子供がかわいそうすぎる。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中