2018年 9月 20日 (木)

ゴルフ「マスターズ」16番ショートで1日3人がホールインワン!確率530億分の1

印刷

   男子ゴルフのメジャー「マスターズ・トーナメント」の最終ラウンド(2016年4月10日)で、同じホールでホールインワンが3回もあった。16番ホールのパー3で、まずはアイルランドのシェーン・ローリー選手がホールインワンし、その興奮冷めやらぬなかで、今度はアメリカのデービス・ラブ選手の第1打がカップイン。会場には地鳴りのような大歓声が響き渡った。

先に打った球に当たってカップイン

   司会の小倉智昭「そして3人目のホールインワンは、まさかの出来事が起きたんです」

まさかの出来事

   南アフリカのルイ・ウェストヘーゼン選手が打った球は、カップに向かって転がり出すと、ピン手前で先に打ったホームズ選手のボールに当たり、「まるでビリヤードのように」(小倉)方向が変わってカップに吸い込まれたのだ。

   小倉「テレビで見てて、最後のホールインワンは笑っちゃいましたね」

   プロゴルファーのホールインワン確率は3756分の1程度と言われているそうで、同じ日に3人の選手がホールインワンする確率は530億分の1だという。隕石が人間を直撃する確率は100億分の1ほどだそうだから、それより珍しいということである。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中