2018年 9月 20日 (木)

たむらけんじ「大人の事情で撤退しないといけなくなった・・・」オーナーを務める新大阪駅のカレー屋閉店

印刷

   お笑い芸人のたむらけんじは4月19日(2016年)、自身が大阪で経営する「炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー屋さん」を9月限りで閉店するとフェイスブックで発表した。5年間、東海道新幹線の新大阪駅の改札内で営業し、芸人やタレントなどの常連客も多かった。「味も我ながらこんなに美味しいカレーはないと自信満々です!」と言う。「たった5坪で年間7800万円を売り上げ経営的にもなんの問題もなかった」が、「僕の力ではどうしようもない大人の事情で撤退をしなくてはいけなくなりました」と話す。

   応援してくれた客に対しては、「申し訳ない気持ちでいっぱいです」。残りの5か月間、「『あー!たむらのカレーやっぱり美味いなぁ!接客やっぱり最高やなぁ!』っと来て頂いた全てのお客様に言って頂けるよう従業員一同全力でやらせて頂きます」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 【9月28日開催】中小企業の役員・総務担当者はマスト! 企業承継と相続対策セミナー弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 【9月20日開催】人事・労務担当者必聴セミナー 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中