たむらけんじ「大人の事情で撤退しないといけなくなった・・・」オーナーを務める新大阪駅のカレー屋閉店

印刷

   お笑い芸人のたむらけんじは4月19日(2016年)、自身が大阪で経営する「炭火焼肉たむらのお肉が入ったカレー屋さん」を9月限りで閉店するとフェイスブックで発表した。5年間、東海道新幹線の新大阪駅の改札内で営業し、芸人やタレントなどの常連客も多かった。「味も我ながらこんなに美味しいカレーはないと自信満々です!」と言う。「たった5坪で年間7800万円を売り上げ経営的にもなんの問題もなかった」が、「僕の力ではどうしようもない大人の事情で撤退をしなくてはいけなくなりました」と話す。

   応援してくれた客に対しては、「申し訳ない気持ちでいっぱいです」。残りの5か月間、「『あー!たむらのカレーやっぱり美味いなぁ!接客やっぱり最高やなぁ!』っと来て頂いた全てのお客様に言って頂けるよう従業員一同全力でやらせて頂きます」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中